<   2010年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

10月29日 ムラサキシメジ

人気が高くなってきた紫色のサツマイモがあります.ムラサキシメジは,これと同じ色合いで毒々しさはありません.

d0127488_8145037.jpg


d0127488_8152323.jpg

[PR]
by sharaku-first | 2010-10-29 08:15 | Comments(0)

10月27日 ミゾソバ

先日のことです.車を走らせているとヤマドリの雄が道路に出ていました.カメラは後部座席に置いたザックの中です.こういうことはよくあるので,今は助手席にカメラを置いて走ります.しかし,用意周到なときは何も出ていません.車にはねられたタヌキが横たわっているくらいです.目的地に着いても,花は少なくキノコも見当たりません.荒れた畑のミゾソバだけが満開でした.

d0127488_22464541.jpg

ぼかし

d0127488_22471537.jpg

爪紅

d0127488_22475466.jpg

標準的な花
[PR]
by sharaku-first | 2010-10-27 22:49 | 野草 | Comments(0)

10月26日 ミヤジマママコナ

下唇にある二つの隆起は黄色味を帯びています.開花初期の下唇は白く,散る前には紅紫色にそまっています.

d0127488_933197.jpg


d0127488_18152519.jpg

[PR]
by sharaku-first | 2010-10-26 09:40 | 野草 | Comments(0)

10月25日 ナメラダイモンジソウ

すっかり忘れていました.慌てて駆けつけましたが,案の定花は盛りを過ぎていました.度々の豪雨で谷沿いの自生地は壊滅状態でした.わずかに残っていた花を撮影しました.

d0127488_11561154.jpg


d0127488_11564070.jpg

[PR]
by sharaku-first | 2010-10-25 11:57 | 野草 | Comments(0)

10月24日 ベニマンサク(マルバノキ)

紅葉する時期に花が咲きます.二つの花が背中合わせにくっついています.実は丸一年後に成熟します.とても不思議な樹です.

d0127488_1053385.jpg


d0127488_105466.jpg


d0127488_10543458.jpg

[PR]
by sharaku-first | 2010-10-24 11:01 | 樹木 | Comments(0)

10月22日 ツキノワグマ

今年も熊による被害が多発しています.
数年前,スキー場でワラビを採取していた人にお話を伺いました.その人はスキー場の麓に住んで居られた方です.お父さんは生涯八十数頭の熊を獲られたそうです.そのような人の子でありながら,生きた熊は見たことがなかったそうです.(私は四頭みています)
昭和初期までは豊富な自然林と狩猟圧で,山里でありながら人前には姿を見せなかったようです.
残念なことに,今年既に二百頭の熊が殺処分されているそうです.
人類が文化を捨て,人口を万分の一に減ずれば共存は可能かも知れませんが,現状では絶対に不可能です.
今や人類は宇宙の星々まで手を伸ばし始めました.遠からず自身の手で地球を破壊してしまうでしょう.
(あなあなかしこ あなかしこ,,,)

d0127488_1291231.jpg

民家裏のクリにある熊棚

d0127488_1293982.jpg

樹洞のニホンミツバチの巣を襲った爪痕.裏側に樹皮を噛み剥いだ跡があります.裏側からも蜂の巣を取り出そうとしたようです.


d0127488_12104370.jpg

d0127488_12111147.jpg

(2007年春に撮影)
[PR]
by sharaku-first | 2010-10-22 12:29 | 動物 | Comments(0)

10月21日 白花ヨシノアザミ

紫色のアザミの中に白花が数株混じっていました.アザミ類には白花がよくあるそうです.種名は確かではありませんが,ヨシノアザミとしておきます.

d0127488_11321472.jpg

[PR]
by sharaku-first | 2010-10-21 11:33 | 野草 | Comments(0)

10月19日 キキョウ

夏の花だと思っていました.今高原では諸処に咲いています.

d0127488_9283677.jpg


d0127488_92921.jpg

[PR]
by sharaku-first | 2010-10-19 09:29 | 野草 | Comments(0)

10月17日 カラカサタケ

食菌のようです.
百姓の生まれながら,シイタケとマツタケしか食べた経験がありません.食べられると言われても,体験がないだけに雑ナバには食指が動きません.それで,食糧難の戦中戦後を生き抜くことができたのかも知れません.

d0127488_9272144.jpg


d0127488_9274783.jpg


d0127488_9281654.jpg

幼菌
[PR]
by sharaku-first | 2010-10-17 09:52 | Comments(0)

10月16日 ウスフジフウセンタケ

食菌ではないようですが,毒きのこでもないようです.
食べてうまかったら食菌として伝播するはずです.

広島市近郊には,こんな戯言が伝わっています.
「可部の願船坊にゃあ 説教ががんすげなが がんしゃあがんすように 話ががんしょうが (話が)がんせんけえ がんせんので がんしょう(じゃあない)」

d0127488_9185166.jpg


d0127488_919212.jpg


d0127488_9195143.jpg

老菌
[PR]
by sharaku-first | 2010-10-16 10:20 | Comments(0)