8月12日 フクイアナバチ

 何年も捜していました.そしてついに巡り会いました.駐車したところが営巣地だったのです.最初はクロアナバチだと思って見ていました.よく見ると前伸腹節に白毛がありません.坑道の左右に偽坑もありません.フクイアナバチに違いありませんが,狩りの獲物を見るまでは確定できません.営巣地をくまなく見て廻りましたが,飛び回っているのは雄蜂のようで,坑道や育房を掘っている雌蜂が見当たりません.陽も落ちたので引き上げです.

 二日後,再び営巣地を訪れました.午前中,,,活動している雌蜂は発見できませんでした.午後一時になって,育房を掘り始めた雌蜂を見つけました.育房を掘り終えると狩りに飛び立つはずです.そして最後の土を捨てると,飛び立っていきました.ところがなかなか帰ってきません.じっと暑さに耐えて待っていると,市の車が止まり私を観察しています.Uターンして私の傍にきました.
 「なんだ! ハゲの日干しか,,,」
と思ったのか一瞥して行きました.

 そして,そして不意に,,,ぶ~~んと強い羽音をたてて雌蜂が帰ってきました.獲物のハネナシコロギスを抱えて,,,.

d0127488_2055337.jpg

[PR]
by sharaku-first | 2011-08-12 20:56 | 昆虫 | Comments(0)


<< 8月13日 ベニバナボロギク 8月11日 ハグロイトトンボ >>